>HOME > ニュース&イベント> 米国第三者安全科学機関の日本法人UL Japan グレーター・ナゴヤへ進出

ニュース&イベント


米国第三者安全科学機関の日本法人UL Japan グレーター・ナゴヤへ進出

 

世界的な第三者安全科学機関である米国のULの日本法人、株式会社UL Japanが、愛知県みよし市に自動車業界向け試験所オートモーティブ テクノロジー センター(ATC)を開設しました。

ULは、1世紀以上にわたり、製品の安全試験を行い、様々な規格を開発してきた第三者安全科学機関です。製品の製造前段階において試験並びに認証を提供し、また製品開発のサイクルの各段階におけるサポートを行っています。

UL Japanは、次世代モビリティ社会の実現を視野に、自動車産業が集積するみよし市にATCを開設、自動車及び部品メーカーに向けて、車載機器のEMC試験を中心とした電気、無線、環境試験、相互接続性試験等のサービスを提供し、車載技術の発展に貢献します。

ATCは車載機器向けEMC関連試験所であり、UL Japan のEMC試験所としては国内で5拠点目となり、2017年6月6日よりサービスを開始しました。ATCでは各自動車メーカーの規格に対応した試験や依頼試験が実施可能で、様々な温度湿度環境下での振動が車載部品に与える影響を試験する設備など、最先端の機器を装備しており、自動車メーカーの多様な要望・ニーズに対して、総合的にワンストップで対応することが可能となります。また、コネクティッド・カーの普及により携帯電話とカーインフォテイメントシステムの接続が進む中、スマートフォンやタブレットとの相互接続性試験も実施していきます。

 

6月1日に開催された記者説明会では、代表取締役社長 山上様より「ULの事業環境と事業の方向性」について、コンシューマーテクノロジー事業部VP & Greater Asia GM, Consumer Technology 古澤様より「ATCの目指すポジション」について、また同事業部 EMC/無線セールスマネージャー 石綿様より「ATCの施設概要」についてそれぞれ説明がありました。

その後、株式会社UL Japan ATCの内覧会が実施され、関係者一同に施設内を紹介しました。

出展:Press Release (PDF)

コンタクト先:
株式会社UL Japan 
コンシューマーテクノロジー事業部
CTECH.Marketing.GA@ul.com
http://japan.ul.com/

 


GNI partners club 賛同自治体 広報資料 インセンティブ お問い合わせ GNI地域進出企業 Invest Japan METI 愛知県産業労働部 産業立地通商課 企業立地ガイド岐阜 三重県企業立地ガイド 名古屋市 市民経済局