This movie requires Flash Player 9
> HOME > 居住環境 > 歴史

歴史


写真日本全国を群雄が割拠し、天下統一を目指して争った戦国時代(1477年~1573年)において、この地域は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康という、日本で最も有名な武将を輩出しました。天下統一は織田信長から始まり、豊臣秀吉が成し遂げ、徳川家康が300年に及ぶ盤石な江戸幕府体制を布いて完了したと言われています。このような背景から、グレーター・ナゴヤには数多くの歴史的な建造物、跡地、城、文化遺産、国宝などが存在し、また日本が誇る文化や伝統を生み出しました。

徳川家康は、慶長15年(1610年)に名古屋に城を築き城下町としました。江戸・大阪・京都に次ぐ大都市として繁栄し、町人文化の華を咲かせました。その後、尾張と三河が合わさり現在の愛知県となりました。

明治以降は、名古屋紡績・尾張紡績ができ、近代の洋式紡績のさきがけとなりました。その後、機械工業、繊維工業が発達し、それに軍需産業を基盤とした重化学工業が加わり、中京工業地域を形成しました。

伝統工芸としては、1300年の伝統と技術を誇る瀬戸焼は、やきものの代名詞である「せともの」として幅広く知られています。また、歴史的建造物として、国宝茶席三名席である有楽宛(国宝茶室如庵)が犬山市にあります。

岐阜はもともと、美濃と飛騨の二国があり、江戸時代には東西文化が触れ合う場でした。徳川幕府は、美濃を関東防衛の地とし大名をおく一方で、飛騨は、幕府の直轄の土地として幕末まで江戸との交流が盛んに行われました。小京都ともいわれたこの土地は、古く美しい町並みが今も残っており、歴史に浸ることができます。美濃・飛騨は明治において統一され現在の岐阜県となっています。

この地域の伝統工芸には東濃地方の陶磁器、美濃市を中心とする和紙、関の刃物、絹織物、綿織物があり、これらを基礎に、近代的な繊維工業が発展しました。

また、名水100選に選ばれた長良川は、約1300年前から続く、伝統行事である鵜飼で有名です。美濃焼は、1300年以上の伝統を誇り、発祥の地である多治見は、美の里・器の街とも言われています。さらに、高山の祭や屋台車などの文化財や、世界遺産に登録された白川郷等、貴重な歴史的財産が岐阜にはあります。

三重県にある伊勢神宮は、「お伊勢参り」として信仰され、古来最高の特別格の宮居として、現在でも年間およそ400万人の人が訪れています。
織田信長が伊賀・伊勢を平定し、その後、豊臣秀吉からこの土地を授かった蒲生氏郷が松坂城を築き、城下町を作りました。このとき旧領の近江商人を移したことが、のちに伊勢商人として活躍しました。

万葉集の時代から詩歌がうたわれ、歴史街道も多くある三重県は、松尾芭蕉など多くの文豪を生みだし、歴史の宝庫ともいわれています。

戦国時代の歴史:「武将のふるさと愛知」 WEB

 城 愛知県 : 名古屋城、岡崎城、犬山城(国宝)、清洲城
岐阜県 : 岐阜城、大垣城、郡上八幡城
三重県 : 上野城
 寺 愛知県 : 本光寺、乾坤院、高月院、大樹寺、満光寺
岐阜県 : 本覚寺、禅昌寺、華厳寺、妙応寺、行基寺、竜門寺、永保寺
三重県 : 霊山寺、観菩提寺、朝田寺、高田本山専修寺、観音寺、金剛証寺
 神宮 愛知県 : 熱田神宮、津島神社、賀茂神社、国府宮神社、萱津神社、深川神社、伊賀八幡宮、松平東照宮
岐阜県 : 千代保稲荷神社、大船神社
三重県 : 伊勢神宮・外宮、伊勢神宮別宮・滝原宮、椿大神社、猿田彦神社、引作神社
 歴史的建造物  愛知県 : 丈山宛、安祥城址、奥殿陣屋、有楽宛(国宝)
岐阜県 : 白川郷合掌集落(世界遺産)、高山陣屋、不動堂尼僧像、日本大正村
三重県 : 鬼ヶ城、名張藤堂家邸跡、松坂城跡
 陶器 瀬戸焼、伊賀焼、常滑焼、美濃焼、萬古焼
 伝統工芸品 尾張七宝、豊橋筆、岡崎の石材、有松・鳴海絞り、小原和紙、鈴鹿墨、木工品、刃物、織物など
 伝統行事 岐阜・長良川鵜飼、岐阜・郡上おどり(重要無形民族文化財)


GNI partners club 賛同自治体 広報資料 インセンティブ お問い合わせ GNI地域進出企業 グローバルネットワーク Invest Japan METI 愛知県産業労働部 産業立地通商課 企業立地ガイド岐阜 三重県企業立地ガイド 名古屋市 市民経済局