GNI

空路


グレーター・ナゴヤは日本でトップクラスの国際空港である中部国際空港(セントレア)と、ビジネス機を含む小型機に特化した名古屋空港を有しています。

中部国際空港(セントレア)



セントレア

2005年2月17日にオープンした中部国際空港は、世界の主要都市、日本各地を結ぶ、グレーター・ナゴヤの空の玄関です。愛知県知多半島の常滑市沖、伊勢湾海上に位置するこの海上空港は以下の特徴を持っています。

24時間運用
セントレアは24時間離着陸可能です。
国内・国際線一体型
セントレアでは国内線と国際線の搭乗口を同一建物内に設置しており、乗り継ぎの移動と手間を低減しています。
優れたアクセス
名古屋市の中心部から車で40分、電車で28分の時間距離です。また国内25都市から空港バスが運行されているとともに、三重県津市、鳥羽市は高速船により結ばれています。
日本でトップクラスの空港
空港面積は470haで3500mの滑走路を有します。成田空港、関西国際空港と並ぶ日本でトップクラスの空港です。
物流コストの優位性
国際線の着陸料は成田空港や関西空港より低く抑えられています。
使いやすい空港施設
誰にでもわかりやすく、コンパクトで機能的な空港施設を整備しています。

名古屋空港

愛知県西春日井郡豊山町に位置する名古屋空港は、ビジネス機等を含めた小型機の日本初の本格的な拠点空港として、生まれ変わります。



access

GNI partners club 賛同自治体 広報資料 インセンティブ お問い合わせ GNI地域進出企業 グローバルネットワーク Invest Japan METI 愛知県産業労働部 産業立地通商課 企業立地ガイド岐阜 三重県企業立地ガイド 名古屋市 市民経済局